個人向け保険(目的別)

個人様向け保険(目的別)
ホーム > 個人向け保険(目的別)

目的別の保険の考え方

保険選びでお困りの方は、目的別に保険を考えてみるのはいかがでしょうか。今のあなたにとって必要な保障から、あなたにあった保険 を選びましょう。

● 死亡保障を準備したい

独身、結婚、出産など、暮らし方や家族の構成、収入・支出により必要な死亡保障の金額は違います。自分が今どのライフステージ にいるのかを考え、必要な保障額を準備することをお勧めします。定期的に点検を行うことで、無駄なく「もしも」の時の備えが可能です。各家庭に合わせた保障、こんなお葬式にしたいなど、あなたのご希望をどうぞお聞かせください。

定期保険

定期保険は「保障される期間が決まっている」「ある一定期間を保障する」という商品で、保険料は掛け捨て型がおおくなります。
保険の期間中に対象者が亡くなられた場合に保険金が支払われます。この保険は満期を迎えて解約をしてもほとんどお金が戻ってきません(例外もあります)が、終身保険に比べ、安い保険料で高額な保障を得られるという特長があります。

詳しくはこちら
保険のタイプ
・定期保険(更新型/全期型)
・逓減定期保険(更新型/全期型)
・収入保障保険(更新型/全期型)

終身保険

終身保険は、保障が文字通り終身(一生涯)で続き、満期はなく、万一の際に必ず保険金が払われる商品です。また、定期保険と違い掛け捨てではなく、解約返戻金がたまります。貯蓄性を兼ね備えていると言えます

詳しくはこちら
保険のタイプ
・定期保険(更新型/全期型)
・逓減定期保険(更新型/全期型)
・収入保障保険(更新型/全期型)
IQ君
〜保障の考え方〜
●定期保険は、期間をよく考えて準備を行いましょう。
●長期間必要となる保障は、終身保険を検討すると良いでしょう。

● 入院時の医療費をカバーしたい

医療技術の発展により、医療保険は日々進化しています。たくさんある保険会社の中からどの種類の保障がご自身に合っているかを見極めるのは非常に困難を極めるでしょう。
葵総合保険では、保険クリニック(株式会社アイリックコーポレーション)独自の『保険IQシステム』を用い、各社の保障の違いを比較検討することが出来ます。是非一度ご相談くださいませ。

医療保険

病気や怪我の治療にかかる費用を軽減し、入院時や手術時などに給付金を受け取ることができる商品です。種類は大きく分けて、
①政府が運用する【公的医療保険(健康保険)】
②民間の保険会社で販売している【民間医療保険】
の2種類あります。
我々のほとんどが健康保険に加入していますが、大きな病気や怪我の場合には補いきれない経済的な負担も出てくることでしょう。
そうした不足分を補うときに民間の医療保険に加入するという方もいらっしゃいます。

詳しくはこちら
保険のタイプ
・定期保険(更新型/全期型)
・終身保障(短期払/終身払)

がん保険

原則として「がん」だけを対象として保障する保険の事です。
がん保険は
①診断給付金、②入院給付金、③手術給付金、④通院給付金
の主に4つに分けられます。入院日数に合わせて支払いのある入院給付金と、手術を受けた際に支払いのある手術給付金は、医療保険でもおなじみの基本保障になります。がん保険にはこれに加え、がんだと確定した際に支払われる一時金と、通院の日数に合わせて支払いが発生するという特約があります。保険選びのバランスを考える時には、①と④の充実度を比べると良いでしょう。

詳しくはこちら
保険のタイプ
・定期保障(更新型/全期型)
・終身保障(短期払/終身払)

三大疾病保険

三大疾病…がん、急性心筋梗塞、脳卒中(死亡・高度障害)
三大疾病(=特定疾病)になった時に、一時金という形で保障される商品です。治療費にも充てられるように、「生前」に保 険金が給付されるという点が大きな特長です。
注意したいのが、これら三大疾病の「所定の状態」に該当した場合に支払われるという点です。必ずしもその病気にかかればお金が受け取れる訳ではないため、保険会社ごとの支払事由は内容を十分に確認して検討するようにしましょう。

詳しくはこちら
保険のタイプ
・定期保険(更新型/全期型)
・終身保障(短期払/終身払)
〜保障の考え方〜
●もしもの入院・手術に備えるため、医療保険への加入を検討しましょう。
●万が一病気にかかった際、一時金が受け取れる仕組みを理解した上で保障の準備をしましょう。
IQ君

● 学資金の準備がしたい

お子様が生まれて、最初に考えるのは教育費用でしょう。お子様の希望する学校に行かせてあげたいものですが、近年、奨学金を返 すことも困難になるなどの事例も増えています。早い内から計画的に準備を行うことが大切です。葵総合保険では、学資保険の他にも教育資金準備に向けたアドバイス行っています。

学資保険・こども保険

お子様の教育費などにかかる資金を補助してくれる商品です。
契約時に決めたお子様の年齢に合わせて、主に祝い金・満期学資金として給付金を受け取ることが出来ます。また、契約者様にもしものことがあった場合、それ以降の保険料の払い込みが免除されるシステムとなっています。
学資保険は、教育費の積み立てだけでなく、こういった一定の給付金がおりるといった特長から、生命保険や入院保険と同じような目的で作られた商品であるともいえます。

詳しくはこちら
保険のタイプ
・学資保険
・こども保険
・低解終身
・IS終身
〜保障の考え方〜
●教育資金がいくらかかるのか、確認を行いましょう。
IQ君

● 老後の生活費を準備したい

最後のライフステージを向かえるにあたり、老後の生活費を確保するための保険です。ご自身のライフプランを見直し、本当に必要な金額を割り出してみましょう。

個人年金保険

払い込まれた保険料から積み立てられた資金を原資として、契約時に定めた一定の年齢から年金を受け取れます。
年金を受け取る期間、年金の形態、保険料の払込方法、年金受取開始日前の死亡保障により、いろいろなタイプがあります。
※個人年金保険料税制適格要件を満たす場合、一般の生命保険料控除・介護医療保険料控除とは別に、個人年金保険料控除を受けることができます。

詳しくはこちら
保険のタイプ
・確定年金
・終身年金
・有期年金等

養老保険

養老保険は、貯蓄型の生命保険の一種です。契約が満期を向かえる前に万が一死亡したとしても、満期金と同額の死亡保険金が支払われます。しかし、貯蓄型は保険料が高く、途中解約の場合には、それまでの支払い金額より返戻金が下回ることもあります。保険料の支払いをもって計画的な貯蓄を行い、「必ずある一定の資産を作りたい」というときに適した商品だと言えます。

詳しくはこちら

変額個人年金保険

支払った保険料の運用次第で、将来受け取れる年金額が変動する保険です。受け取り方法は個人年金保険と同じく、さまざまなタイプがあります。運用の仕方次第ではその額を大きく増やせる可能性もありますが、うまくいかない場合には元本(払込保険料)を割ってしまうこともあります。仕組をよく理解して上手に利用しましょう。

終身保険

終身保険は、保障が文字通り終身(一生涯)で続き、万一の際に保険金が払われる商品です。満期保険金はありませんが、長期継続をすると解約返戻金が増えていきます。保険料の払込期間には、「有期払込」「終身払込」「一時払」のタイプがあります。

詳しくはこちら
保険のタイプ
・定額終身
・低解約型終身
・積立利率変動型終身
・変額終身 ほか
〜保障の考え方〜
●実際にいつ資金が必要になるかを考えて、保険を選びましょう。
●貯蓄性の高い保険を選びましょう。

無料相談、お問合わせはこちら

各保険についてのご不明点やその他ご相談などございましたらお気軽にお電話にてお問合わせください。

  • 取扱代理店 株式会社 葵総合保険
    保険クリニック京都河原店
  • 0120-672-110受付時間 10:00 〜 18:00(土日祝祭日:定休)
  • ※お電話の際、ホームページを見たとお伝えください。
  • 〒604-0903 京都市中京区河原町通夷川上る指物町320
  • [Tel] 075-256-2811 [Fax] 075-256-2141
個人情報保護方針金融商品販売勧誘方針

Ⓒ2016. 株式会社 葵総合保険